ギャルパラ+backstage 西井綾音 Vol.76 2021 December を公開

ギャルパラ+backstage 西井綾音 Vol.76 2021 December

 『ギャルパラ+backstage 西井綾音 Vol.76 2021 December』

 ギャルパラ+Vol.76 2021年12月号の表紙を飾ってくれた西井綾音チャンのグラビア撮影裏側をメイキングイメージ映像としてお届けします。

 2020年にレースクイーンデビューし、2年目となる2021年はスーパーGTで96号車のレースクイーン「Win G」を務めた“あたた”こと西井綾音チャン。

 毎日のようにゲーム実況配信をするほどのゲーム女子な一面もあるとのことで、その日常を再現すべく、いわゆる“ハウス”スタジオではなく、“お家”スタジオでの撮影となりました。
 
 撮影を担当した田渕悟カメラマンは、「西井さん本人からの提案企画とのことで、本人の意図に沿えてるのか最初は不安な部分もありましたが、途中途中でプレビュー画面を確認しながら『そうそう、こういうのです』と言われて安堵しました」とコメント。

ギャルパラ・プラス Vol.76 2021スペシャルグラビア/LIFE IS LIKE A GAME

「日常とグラビアの両立ということで、まずはリラックスしてもらい距離感を縮めることを心掛けました」とのこと。

 サーキット取材以外ではほとんど接点がなかったので、コスプレイヤーとしての活動やゲーム女子の一面も当日に知ったようです。

「そのために“パラおじギャグ”を連発してみたのですが、途中からことごとくスルーされたのは悲しかった半面、距離が縮まった証拠と自分に言い聞かせて撮り続けました……(苦笑)」と心情を吐露。

 その甲斐があったのかなかったのかは西井さんのみ知るところですが、早い段階から笑顔溢れる撮影現場となりました。

 被写体としての西井さんについて田渕カメラマンは、「とても撮りやすいモデルさんですね。コスプレイヤーとしての経験があるからなのか、魅せ方やポージングについても勘が良く、こちらの意図も伝わりやすかったのでテンポ良く撮影できました。スタイルも良く、まさにフォトジェニックです」とベタ褒めコメント。

「このグラビアが西井さんのフォトジェニック性を伝えるものになればカメラマン冥利に尽きますね」と締めくくりました。

 撮影当日は普段使いの「愛用ゲーム機」や「コントローラー」も持ち込んで日常を再現してくれた西井綾音チャン。

 メイキング動画内ではメイングラビアで着用された衣装のポイントはもちろん、2022年1月号で掲載するアザーカットのヒント?についても語っていますので、是非チェックしてください。

ギャルパラ+backstage 西井綾音 Vol.76 2021 December(ギャルズ・パラダイスTV)
ギャルパラ+backstage 西井綾音 Vol.76 2021 December

 好評配信中のギャルパラ+2021年12月号の巻頭グラビアと併せてお楽しみください。

■西井綾音チャンが表紙を務めるギャルパラ+Vol.76を公開

 ギャルパラTVはプレミアム会員限定のコンテンツとなります。まだ、プレミアム会員に登録されていない方は、是非、この機会にご登録ください。

■会員登録はコチラ
ギャルズ・パラダイス公式サイト新規入会のご案内

カテゴリー: